熱愛から信頼への愛のパターン@キスしたいなら知っておこう

キスについて考える!愛情表現心を通わすKISS

熱愛から信頼への愛のパターン

 

情熱は一人の人間をすっかり虜にする強烈な感情であることは、一度でも恋愛を経験した人なら、そして相手からも猛烈に愛された経験がある人ならだれでも知っている。

 

そうした恋する状態から、持続的で思いやりに満ちた愛情関係へと発展し、両社が互いに無条件で信頼しあい、完全に理解しあえるようになれば理想的である。

キスしたい

しかし、これとは別の形の愛情もあり、幸せの度合いに関しても引けをとらないです。

 

アメリカの心理学者は、愛情およびパートナーシップの理論に積極的に取り組んできた研究者がいます。彼はその著その中で各種の愛情形態を区分しています。そして、どの形態に当てはまるかは、情熱、責任感、親密さという「三つの基本要因」の組み合わせしだいであるといっています。
彼の説によると、情熱とは相手に対して抱いている欲求、憧れです。要するにあなたが恋しくてたまらないという感情です。

 

次に責任感は相手のためになろうとする断固たる態度の度合いであり、また相手のために犠牲になろうとする程度を表しています。

 

最後に親密さですが、これは二人の関係の緊密さであり、感情、見解、活動がどのくらい共通化の程度です。
この三つの要素が二人の関係においてどのくらい強いか、あるいは欠如しているかによって七つの愛情形式が考えられます。

 

もちろん例外もあります。すべての愛情関係を子の七つに当てはめることはできませんが、しかしどれか二つの中間のような恋愛関係もあるでしょう。

 

アタタ自身の愛を一度じっくり考えなおしてみれば、ごくわずかなずれはあるかもしれませんが、どの愛情関係に属することになるかがわかるでしょう

 

熱愛から信頼への愛のパターン エクセル有

 


ホーム RSS購読 サイトマップ